So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

2019年W杯1次リーグA組 日本のライバル、アイルランド代表ポール・ディーンTMに聞く 「タフなグループ」「謙虚、誠実にプレー」

スポンサーリンク




【ラグビー通信】

 ラグビー日本代表とのテストマッチのために来日しているアイルランド代表のポール・ディーン・チームマネジャー(TM、56)がインタビューなどに応じた。世界ランキング3位(19日現在)のアイルランドは、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会で、日本と同じ1次リーグA組に入った。ディーンTMは、スコットランドとも同組となった組み合わせを「タフなグループ」と警戒した。“魂のラグビー”といわれるアイルランドラグビーを「謙虚、誠実にプレー」と表現。また、近年の好成績の要因に、選手の試合出場時間管理があることなどを明かした。

 アイルランド代表は17日に静岡スタジアムで行われた日本代表との第1戦は50-22で勝利した。第2戦は24日午後、東京・味の素スタジアムで実施。

 --2019年W杯1次リーグの組み合わせの印象は

 「開催国と対戦できるのはとてもいい機会だ。もしオープニングセレモニーの後に開幕戦で日本と対戦することになれば、日本中が日本代表を応援するだろうし、極めて難しいものになるだろうが、素晴らしい試合になると思う。

 日本ラグビーは良くなっているし、ジェイミー・ジョセフとトニー・ブラウンという2人の有能なコーチがいる。

 スコットランドは今年の欧州6カ国対抗でわれわれを(27-22)で打ち負かし、先日(17日)は豪州にも(24-19で)勝っている。タフなグループであるのは間違いない」

 --今回の遠征の目的は

 「開催国の文化や気候を理解することと、若い選手に経験を積ませること。選手たちは日本文化を楽しんでいる。先日は相撲部屋の見学に行った。

 気候はアイルランドと全く違い、最初は慣れるのが大変だった。湿度が非常に高い。それを体験したことは重要な意味を持つ」

 --アイルランドラグビーは、見る者の心を熱くする“魂のラグビー”といわれるが

 「(われわれは)おごらず謙虚に、誠実にプレーしている。試合中に深刻なトラブルが起きても、(レフェリーらに)不平は言わないようにしている」

 --(14年、15年と欧州6カ国対抗を連覇するなど)近年は安定した成績を残しているが、その要因は

 「われわれにはいいコーチがいる。そして福利厚生プログラムが改善された。個々の選手がプレーする時間を決め、正確に記録し、ケアしている。

 アイルランドでは協会がプロ選手160人と契約し、(欧州のリーグ「プロ12」などに参加する)4つのチームに派遣しているが、各クラブでの試合出場時間が適正かをチェックしている。プレーし過ぎて故障しないようにするためだ。

 われわれにはそれほど予算はない。選手が(海外に行かず)アイルランドにとどまってくれるように、注意深くケアしている」

 --アイルランドと北アイルランドの合同チームということになるが

 「クリケットなども(アイルランドと北アイルランドが)一緒にやっている。スポーツの観点は政治から切り離されたものだ」

 --試合会場の印象は

 「(静岡スタジアムの)芝生は素晴らしかった。(フィールドの周囲にある)トラックも人工芝に覆われていて、気にならなかった。(われわれにとって)課題は暑さと湿気だけだ」

 --2019年大会での目標は

 「とにかく勝つこと。ベストを尽くして勝ちたい。昨年11月には(W杯2連覇中の)のニュージーランドにも勝ったし、けが人が出なければ勝負になるはずだ。不幸にしてけが人が出た場合は、十分なバックアップがいないので厳しくなる」(聞き手・運動部 橋本謙太郎)

 ■ポール・マイケル・ディーン 1960年6月28生まれ、アイルランド出身。1981年から8年間、アイルランド代表選手で国際大会で32キャップ。1987年のワールドカップ(W杯)に出場した。

 ■アイルランド代表 世界ランキング3位。英国の北アイルランドと合同で代表チームを編成。エンブレムはシャムロック。W杯には1987年に初出場し、過去8回出場。最高位はベスト8。2016年11月にはニュージーランドの連勝記録を18で止める金星を挙げた。日本との対戦成績は8戦全勝。

 ■2019年ラグビーW杯 9月20日~11月2日にかけて、日本で初めて開催される。会場は東京スタジアム、横浜国際総合競技場、釜石市鵜住居復興スタジアムなど12都市。世界ランキング11位の日本は1次リーグでA組に入り、アイルランド、同5位のスコットランドなどと対戦する。
(この記事はスポーツ総合(産経新聞)から引用させて頂きました)
→月額10万円をもらえるギフトモニター募集中










nice!(1)  トラックバック(0) 
前の1件 | -